BEAUTY

メイク崩れを防止しよう!メイクの前におすすめのスキンケアの方法

20.03.21
  • はてなブックマーク
  • LINE

睡眠不足は忙しい人の勲章でもありますが、美容に関して悪影響を及ぼすものばかり。

ずっときれいでいたいと思う女性の気持ちとは、反対の方向に向かってしまうことが多いです。

 

睡眠不足くらい大丈夫かな?と思うかもしれませんが、年齢を重ねるごとに睡眠不足のしわ寄せがやってきます。

「あの時もっと対処してればよかった」とならないように、今から工夫して睡眠不足を解消していきましょう。

 

 

 

とにかく保湿をしっかりする

 

化粧崩れには保湿を心がけることが大切で、保湿をしっかりできるかが化粧崩れの度合いを決めると言っても過言ではありません。

そもそも肌の状態は肌の水分量で決まることをご存知でしょうか?

肌にしっかり水分を与えることで、より化粧崩れをしにくい状態を作りやすくなります。

 

ではその保湿の仕方について解説します。

化粧水を手のひらにとって、肌に吸い込むように軽く抑えるように保湿していくのがポイント。

コットンを使うのもいいですが、コットンの繊維が肌を傷つけてしまうこともあるので、もしコットンを使う場合は、毛羽立たないコットンを使うように心がけてみましょう。

 

化粧水の後は美容液で肌にしっかり栄養を与え、最後に乳液で蓋をしましょう。

美容液も乳液も肌に押し付けるように優しいタッチでケアをしてあげましょう。

肌を軽くパタパタしてしまうと、肌が敏感になっているときは、ニキビなど肌トラブルの原因にもなりやすくなるので、優しいタッチがポイントです。

 

 

化粧下地を忘れずにつけよう

 

朝忙しいときなど化粧も時短したくなることってありませんか?

確かに化粧を時短ですると、ちょっとでも楽できたり、メリットを感じやすいものです。

メリットに目が行きがちですが、デメリットを考えたことってありますか?

 

時短になるからと抜いてしまいがちな化粧下地は、化粧崩れを防ぐ役割も持っています。

どんなに保湿をしっかりしても、化粧下地がなくファンデーションを塗ってしまうと、毛穴にダイレクトにファンデーションが入り込んでしまい、毛穴が目立ってしまうことも。

さらに、吹き出物などの肌トラブルの原因になりやすくなります。

 

そして化粧下地は肌のトーンを整えてくれるので、くすみをカバーしたり何かと活躍してくれるアイテム。

つまり、化粧下地を抜いてメイクをすると、肌トラブルや保湿された肌を生かしにくくなって、化粧崩れを引き起こしやすくしてしまいます。

 

 

洗顔をしてからメイクの下準備をしよう

 

どうしてメイクに洗顔が関係あるの?と思ってしまいますが、夜寝ている間にも肌からは余計な皮脂が分泌されているんです。

忙しいと水やぬるま湯でササっと顔を洗って終わりにする人もいますが、できれば洗顔料を使って洗顔するのがおすすめ

水やぬるま湯だけでは落としきれない皮脂汚れや、毛穴汚れをしっかり落としてからメイクするきれいな肌を作りやすくなります。

 

どんなにメイクが上手でも、肌の状態がよくなければメイクは崩れやすくなり、何回もメイク直しをする羽目に…。

メイク直しって意外と面倒ですし、遊んでいるときにいちいちメイクを気にしなければならないのは、意外とストレスになることも多いですよね。

 

朝の洗顔でいいメイクの状態を維持できるのであれば、洗顔してきれいな肌を作りたいと思うことでしょう。

もしメイク崩れに悩んでいたら、朝洗顔で土台になる肌を作っていきましょう。

 

 

肌に刺激を与えない

 

メイクの前って、ササっと下準備をしたり急いでいたりで普段丁寧にやっているケアでも、ついつい雑になりがち

・洗顔後顔の水分を拭きとるとき

・化粧水をつけるとき

・化粧下地を塗るとき

・洗顔中に一生懸命洗ってしまう

 

など、急ぐとゴシゴシしてしまうことがメイク前にはたくさんあります。

 

 

肌をゴシゴシしたり刺激を与えてしまうと、肌が自分自身を守るために皮脂を分泌してしまいます。

皮脂を分泌すると、肌が油っぽくなったりメイクがよれやすい状態になりやすいです。

 

顔に余計な油分があると、顔が全体的にテカテカしやすくなりますし、きれいな肌には見えにくくなってしまいます。

せっかくケアをしっかりしたのに顔がテカテカになったら、何だか残念な気持ちになってしまいますよね。

ケアはとにかく肌に刺激を与えないように、優しく丁寧な工程で進めるように心がけましょう。

 

 

まとめ

 

化粧崩れは原因が分かりにくく、化粧品が合っていないのか、ケアがいけないのか、肌が乾燥しているからなのか、悩んでしまうことが多いですよね。

原因を1から探るのはとても大変で、「面倒だからどうでもいいや」と思ってしまうことも。

 

どうでもいいやと思っていても、心の中ではもっときれいになりたいと思うもの。

ここでご紹介したスキンケアで、ぜひメイク崩れをしにくい肌を作っていきましょう。きっとさらに自信を持てる肌になれることでしょう。

 

 

 

▼ 関連記事 ▼