RECOMMEND’S TOPICS

クレンジング料に新しい種類が!?特徴・メリットをチェック♪

20.02.17
  • はてなブックマーク
  • LINE

わたしたちが日々何気なく使っているクレンジング料は、オイル・ミルク・ジェル・リキッドなどのテクスチャー・種類が定番になっていますよね。

スキンケアの基本となるそんなクレンジング料は、各コスメブランドが商品改良をしていて、今ではバーム温感オールインワンといった、とてもめずらしいタイプの商品も続々と販売されるようになっているんです。

 

そこで今回は、毎日のメイクオフがもっと充実、スキンコンディションをUPするための新しいクレンジングの種類、温感・バーム・オールインワンそれぞれの特徴とメリットを徹底解説してご紹介します!

 

 

クレンジング料を使う目的・役割をおさらいしよう!

 

クレンジング料は、単にメイクを落とすだけではなく、洗顔料では落としきれない毛穴の深部に溜まった汚れを洗浄しながら、次に使う化粧水や美容液の浸透率密着度を高める役割・使用目的があります。

もし、いつも使っている化粧水や美容液のお肌への密着度・浸透力が弱いな?と感じたら、それは洗顔料だけでは落としきれない毛穴皮脂汚れが蓄積しているサイン。

 

クレンジング料といえば、メイクをした状態のお肌に使うことが一般的になっているのですが、素肌の状態にごわつきざらつきがある場合は、クレンジング料を使って、やさしいピーリングのようなケアを取り入れていくことも推奨されているんですよ♪

 

 

クレンジングの新しい種類3選!特徴とメリット、おすすめの肌質をチェック♪

 

クレンジングを使っていると、べたつき使用後のツッパリなどが気になること、意外に多いのでは?

新しくラインナップされるようになったクレンジング料の新しい種類、温感バームオールインワンには、女性が求める次のようなメリットが充実して備わっているんです。

 

ここでは、温感・バーム・オールインワンそれぞれのクレンジング料のタイプと、マッチする肌質をわかりやすくまとめてお伝えしますね!

 

◆温感タイプのクレンジング料

通販サイトの限定商品としてラインナップされていることが一般的な温感タイプのクレンジング料は、手肌にのせてお肌に伸ばすと、温感作用によってジェルが熱を発し、お肌を温めながら毛穴の内部に溜まった汚れを浮き出してくれる働きがあります。

 

温感タイプのクレンジング料は、ジェルタイプ・ゲルタイプの一般的なクレンジング料のテクスチャーととても似ていて、お肌への密着力毛穴への浸透力が優れているので、手肌にチカラを入れることなく、するんと汚れを浮き出し、洗い流してくれるメリットがあります。

 

また、温感作用が洗い流すまでずっと続くので、お肌の冷えによるくすみ毛穴つまり乾燥などが気になる女性にもおすすめのタイプのクレンジング料となっていますよ◎

 

◆バームタイプのクレンジング料

バームタイプのクレンジング料も、通販サイトの限定商品としてラインナップが増え続けている商品。
バームタイプのクレンジング料は、女性のマストアイテムのスキンケア、オールインワンジェルのようなジャーのパッケージに入れられていて、使用時はスパチュラを使うことが一般的となっているので、衛生的なデメリットの心配が少なく、いつもフレッシュなままに使えるメリットがります。

 

また、バームタイプのクレンジング料には、お肌疲れが癒されるようなやわらかな香りのエッセンシャルオイルをブレンドした商品が多数となっているため、好きな香りに包まれながら、お肌とココロがほぐれていくようなクレンジングタイムを楽しむことができます。

 

お肌に負担をかけてしまう添加物の処方が少なく、無添加低刺激の商品が一般的になっているので、デリケートな肌質乾燥しやすい肌質の女性にも、ピッタリのクレンジング料となっていますよ♪

 

◆オールインワンタイプのクレンジング料

オールインワンタイプのクレンジング料は、良くあるシートタイプのクレンジング料を、クレンジング・化粧水・美容液や保湿、パックやシートマスクなどの機能が備わった、トータルのスキンケアができる商品のことをいいます。

 

オールインワンタイプのクレンジング料は、通販サイトよりも身近なドラッグストアバラエティショップでの販売が多数となっているため、商品を目で見て手で触れて、安心して購入できるメリットがあります。

 

また、一度でメイクオフ保湿シートマスクパック美白などがすべて完了するので、クレンジングに時間をかけられない人や、手早くメイクオフスキンケアをしたい女性にも、おすすめのクレンジング料となっています◎

 

 

~おわりに~

 

進化するクレンジング料、今後はどんな魅力的な種類がラインナップされるのか、ますます楽しみに感じますよね♪

 

3つのクレンジング料の特徴や使用感を見比べながら、あなたにピッタリのタイプを上手にピックアップして、化粧水・美容液の浸透度・密着力がグンと高まる、理想的なスキンコンディションを目指していきましょう!

 

 

 

 

▼ 関連記事 ▼

 

自分にあったクレンジングを選びましょう♪