BEAUTY

ファンデーションの種類がありすぎてわからない。選び方が知りたい!

20.05.23
  • はてなブックマーク
  • LINE

ファンデーションを塗れば、すっぴんよりはきれいに見えるから、とりあえずつけている状態になっていませんか?

ファンデーションにはさまざまな種類があり、上手に使えば理想の肌になることができます。

 

今回はファンデーションの種類特徴、どんな人におすすめのファンデーションなのかチェックしていきましょう。

 

 

 

マットな仕上がりパウダーファンデーション

 

一番なじみのあるファンデーションといえばパウダータイプではないでしょうか。

パウダーファンデーションは粉末状のパウダーを固めたもので、そのまま使うものもあれば、パフやスポンジを水に浸けて使用するものもあります。

持ち運びもしやすく、メイクが崩れにくいので長時間メイク直しできないときにも活躍します。

 

べたつきやテカりが気になる人におすすめです。

さらっとマットな仕上がりになります。

パウダーファンデーションを塗るときは下地が必要です。

パフやスポンジでつけると密着感がありますが、ふわっとナチュラルに仕上げるのであれば、ブラシを使うのもおすすめです。

 

 

 

カバー力ならリキッドファンデーション

 

リキッドファンデーションは、水分と油分が混ざった液体状のファンデーションです。

化粧下地や日焼け止め効果が高いものも多く、重ね付けしなくても気軽に使えるのがうれしいポイント。

カバー力も保湿力も高いのも魅力です。

ただ、そのままだと崩れやすいので、仕上げにフェイスパウダーを使うと長持ちします。

 

手でそのまま塗ることもできますし、ムラが気になるときはパフやスポンジを使ってもOKです。

スポンジに吸収されてしまう分がもったいないなと感じるときは、シリコン製のパフを使うのもおすすめです。

 

 

 

保湿したいならクリームファンデーション

 

リキッドファンデーションと同じく水分と油分が混ざった液体状のファンデーションですが、少しテクスチャーは硬めになっており、さらにカバー力保湿力も上がっています。

その分厚塗り感が出てしまうので、塗りすぎには注意

 

いつも肌が粉をふいたようになってしまうなど、強い乾燥が気になるという人におすすめのファンデーションです。

クリームファンデーションも指で塗っても、パフやスポンジを使ってもOKですが、厚塗りにならないように少量ずつつけましょう。

 

 

 

軽い付け心地ルースファンデーション

 

ルースファンデーションは粉状ですが、パウダーファンデーションと違い固めずにそのまま粉の状態になっています。

軽い付け心地で素肌に近い仕上がりになります。

 

色ムラが気になるけど、カバー力が高いファンデーションは落とすときに刺激になるし苦手…といった人におすすめです。

ルースファンデーションは、専用のパフやブラシでふんわりとつけましょう。

 

 

 

ツヤを出すならクッションファンデーション

 

クッションファンデーションは、リキッドファンデーションがスポンジに染み込ませてあり、ケースに入っています。

付属のパフなどで肌にのせていきます。

ケースに入っているので持ち運びにも便利

リキッドファンデーションやクリームファンデーションのように出しすぎる心配がなく手も汚れないので、外出先で化粧直しをするときも助かります。

 

クッションファンデーションは、下地、日焼け止めなどすべての機能を兼ね備えたものが多いので、時短でツヤ肌を作りたい人におすすめです。

クッションファンデーションは、専用のパフで肌にしみ込ませるようにムラなく塗り込むと、綺麗に仕上がります。

 

 

 

ダメージを減らしたいならミネラルファンデーション

 

ミネラルファンデーションは、マイカや酸化チタンなど鉱石や植物成分を多く含んだファンデーションのことです。

美容成分なども含まれており、中にはクレンジング不要といったものまで!

敏感肌の人や、ナチュラル志向の高い人に人気のファンデーションで、パウダータイプやリキッドタイプなど自分に合ったものを選べます。

 

 

 

肌質によって塗り方が変わる?

 

肌質によってファンデーションの選び方は変わってきます

 

乾燥肌の人は、保湿力の高いリキッドファンデーションクリームファンデーションがおすすめ。

液体タイプが苦手な人は、パウダータイプのミネラルファンデーションもいいでしょう。

乾燥肌の人は肌が敏感になっているので、過度な摩擦が起こらないよう、ゴシゴシ塗るのはやめましょう

 

脂性肌の人は、メイク直しも簡単でテカリを抑えてくれるパウダーファンデーションがおすすめ。

ニキビなどの肌トラブルが多いときはミネラルファンデーションも検討しましょう。

 

 

混合肌の人は、Tゾーンのテカリが気になり、パウダーファンデーションで済ませがちですが、Tゾーンに気を取られていると、頬やUゾーンが乾燥してしまうことがあります。

 

全体はリキッドファンデーションで仕上げ、Tゾーンだけルースファンデーションフェイスパウダーを使ったり、乾燥しやすい部分はクリームなどで保湿してからパウダーファンデーションでメイク直しをするなど工夫しましょう!

 

 

 

まとめ

 

ファンデーションの種類はさまざまです。

すぐ崩れてしまう、うまく欠点がカバーできていないと気づいたら、見直してみてはいかがでしょうか

 

またどんなにいいファンデーションを使っても、肌の状態が悪いと化粧ノリが悪いことも。

スキンケアにも気を配りましょう

 

 

 

▼ 関連記事 ▼