ENTERTAINMENT

【現役ネイリストが伝授】ネイルが浮かないコツを徹底解説!

19.08.27
  • はてなブックマーク
  • LINE

指先を彩ってくれるジェルネイル。

 

ネイルサロンで施術してもらっても、すぐに浮いてしまってがっかりした経験はありませんか?

 

どうしたらジェルネイルのもちをよくすることができるのか気になりますよね。

 

こではジェルネイルのもちをよくするポイントを現役ネイリストが伝授します♪

 

ジェルネイルと相性の悪いものを知ろう!

 

ジェルネイルに使うジェルは、実は相性の悪いものがあります。

 

・水分

・油分

・無理な力をかけること

 

これらはジェルネイルのもちを悪くする大きな要因です!

 

水分と油分に関しては、施術の際にプレプライマーといって水分と油分を除去する溶剤を使うことが大切。

 

コットンにプレプライマーを付けて爪の上を拭きとることで、ジェルネイルが浮く原因を取り除くことができます。

 

日常生活で洗い物をしたり水に触ることが多いと取れる可能性が高くなってしまいます。

 

どうしたらジェルネイルの浮きを防ぐことができるの?

 

では、どう防いでいったらいいのか。

 

手についた水分をしっかりふき取るだけでジェルネイルのもちが一気によくなります。

 

水分が手についたままだとどうなるか考えてみましょう、水分がジェルネイルの上についたままになってしまいますよね。

 

手についたままになるとジェルネイルと水分が接したままになるので、相性の悪いもの同士離れようとしてしまうのです。

 

この結果がジェルネイルのもちを悪くしてしまいます。

 

油分も同じ原理で主に施術の際に影響します。

 

爪の上に油分が残っていると、施術の際にジェルをはじいてしまって爪に密着してくれません。

 

その為、爪とジェルの間に油分が挟まる形になってもちが悪くなってしまいます!

 

爪先の作業をしてしまう人は要注意!

 

無理な力が加わることでもジェルネイルのもちが悪くなりますが、最も多い理由が爪先で作業をしてしまうこと。

 

シールをはがしたり爪先で硬いものを触ると負荷がかかります。

 

爪先に加わる力に対して、ジェルネイルの柔軟性が付いていけないことになるのです!

 

仕事などでどうしても爪先を使わないといけない人もいるので、完全に爪先を使わないことは難しいですよね。

 

その場合は爪先を使う頻度を少なくするだけでも、ジェルネイルが浮いてしまう危険を回避することが可能になりますよ!

 

どうしても心配な時はプライマーを使ってみよう

 

「爪先をうまく使えるか不安だな…」

「やっぱり取れるのが心配」

 

という声も聞こえてきそうですね。

 

そこでおすすめなのは、プライマ-というジェルネイルのもちをよくする溶剤!

 

ジェルネイルが外れやすい根元や爪先につけることが多く、ジェルだけで外れてしまう人でもプライマーを使うことでジェルネイルのもちが良くなる人も多いです。

 

プライマーを使うともちが良くなるのですが、ポイントは爪先と根元につけること。

 

爪全体につけてしまうと、爪にぺったりついてジェルネイルを取る時に爪を痛めてしまいます。

 

ですので、プライマーの付ける位置は気を付けましょう!

 

ベースジェルを変えてみる

 

プライマーを使うのが怖い人は、ベースジェルを変えてみるのもおすすめです。

 

ジェルネイルに使われているベースジェルは数十種類もあって、爪の特徴や癖、日常生活の状況でベースジェルを使い分けるのがベスト。

 

ベースジェルの中には水分に反応して爪と密着するものもあれば、爪の表面に傷を付けずにしっかりと密着してくれるジェルなど、バリエーション豊か。

 

自分のライフスタイルに応じてベースジェルを変えることはとても大切なことです。

 

自分でジェルネイルをするときは自分で簡単に変えられますが、ネイルサロンの場合はネイルサロンによって使っているベースジェルが違います。

 

ベースジェルは複数扱っているネイルサロンがほとんどなので、日常生活の状況などをネイリストにしっかり伝えましょう。

 

ネイルケアをしっかりしてみる

 

ここまでジェルについて解説してきましたが、ジェルを変えても日常生活のことを考えてもダメなときは、ジェルを乗せる前のネイルケアが不足している可能性があります。

 

そこでネイルケアをしっかりしてジェルネイルのもちをアップさせましょう!

 

ネイルケアは爪の根元にある甘皮を取り除くこと。

 

この甘皮を残してしまうとジェルを爪に乗せたときに甘皮にジェルが乗ってしまいます。

 

そうすると甘皮がジェルを吸い込んでしまってきれいな表面にならなかったり、甘皮が取れるタイミングでジェルも一緒に剥がれてしまいます。

 

こうなると想像ついてきませんか?ジェルネイルが取れてしまうのです。

 

ジェルネイルをきれいにしようとして頑張って筆の動かし方やジェルの乗せ方を研究することも大切ですが、ネイルケアで土台をしっかり作っておくことはとても重要!

 

ネイルケアをすることでジェルネイルのもちが改善されること以外にも、メリットがたくさんあるんですよ。

 

・爪の生え際が際立ってネイルがきれいにみえる

・健康な爪を維持しやすくなる

・ネイルケアを継続すると甘皮が少なくなる

 

ジェルネイルのもちだけでなく、こんなにメリットがあるなんて何だかネイルケアって大切なんだな…と思いませんか?

 

素敵なネイルを少しでも長く♡

 

ジェルネイルのもちをよくするコツはいろいろな説があります。

 

情報の中にはネイリスト目線で見ると「爪が弱くなっちゃうかも」と思う方法を実践している人もいます。

 

健康な爪があってのネイルです!

 

ここでお伝えした方法を実践して、ぜひ長くジェルネイルを楽しんで指先からおしゃれを楽しみましょう!

 

▼ 関連記事 ▼

【現役ネイリストが徹底解説】セルフネイルをプロ並みに見せるポイント!

爪のガタガタ、ネイリストに聞いた原因と改善の仕方