sidedish magazine

自分で小顔矯正♥顔ヨガを続けて老け顔・デカ顔とおさらばしよう!

お手軽なダイエットエクササイズとしてヨガは大ブームを巻き起こしています。

また、そのヨガのスピリットを活かした

‘‘顔ヨガ”

も、近年話題になっているのですよ!

ブルドック顔、ほうれい線、デカ顔を解消して顔を若返らせ、小顔にすることができるという顔ヨガ!

今回は、ブルドック顔、ほうれい線、デカ顔の原因と改善方法・顔ヨガをご紹介します♪

老け顔・デカ顔の原因は?

小鼻横から口元までのびるたてジワのほうれい線。

ほっぺたが垂れ下がるブルドック顔など。

顔が老けて見えてしまう原因は加齢による筋肉の衰えが主な原因となっています。

また、顔が大きく感じる原因は骨格の問題などではなく、ほとんどが血行不良による顔のむくみが原因だといわれています。

ですからきれいになりたいと思っていろいろな化粧品や美容液を試して皮膚表面にアプローチするよりも、顔ヨガをして筋肉のこりや顔の血行やリンパの流れ、新陳代謝を改善して体の内側から健康的に美しくなるアプローチをすることのほうが断然効果が高いのです。

顔ヨガを背筋をピンと伸ばした状態で行えば全身を使うヨガと同じように、ヨガ独特の呼吸法やヨガ特有のゆるやかな動きで顔だけでなく全身の血行促進やリンパの流れの改善にもなります。

顔ヨガをするコツ♪

顔ヨガはお風呂上りや、洗顔後お肌のケアが終了したあとなどのお肌にうるおいがある時にするのがベストです!

1ポーズにつき約10秒間キープするのが基本ですが、むくみがひどいときや筋肉のこりがひどい場合、はじめのうちは表情をキープするのがとても大変だと思います。

最初は自分で出来る限りキープできるまでがんばって、少しづつ10秒キープが出来るようにがんばりましょう♪

美顔は1日にして成らず、毎日続けて若さと小顔を手に入れましょう!

ほうれい線・二重あご解消ぐるぐる顔ヨガ

1.口を閉じた状態をキープしながら行います。

舌を動かしますが、つられて口を開けないように注意しましょう。

かといって、力を入れすぎてしまってもいけません。

口を閉じたまま、左頬の内側・下部分をぎゅっと突くように舌をとがらせて押し当てます。

ちょうど、ほうれい線の下部分の内側になります。

2.そのまま口の内側からほうれい線を伸ばすように下から上へ、上唇と鼻の間を通りそのまま右の頬内側の上部分、右のほうれい線の内側を突きながらなぞって下へ、そして下唇と顎の間を通り左頬の内側下部分、と口の中で舌をぐるっと一周させます。

この時計回りの動きを5回、一周に10秒ぐらいかけて回します。

3.次は反時計回りで同じように回します。

慣れるまでは鏡を見ながら、きちんとほうれい線をのばせているかチェックしながら行いましょう。

ブルドッグ顔のほっぺたを引き上げるぴよぴよ顔ヨガ

1.唇を思い切りすぼめてチュウの形にします。

唇はそのままで内側のほっぺたを吸い込んで、くちばしのようなぴよぴよ口にします。

この時、ほっぺたの内側を噛んでキープしてはいけません。

吸い込む力だけでぴよぴよ口にしてください。

2.ほっぺたをへこましたまま、ぴよぴよ口にした唇を開けたり閉じたり、「ピヨピヨ」の動きを10秒間続けます。

3.終わったらくちびるを戻してリラックスしてください。

への字口を改善し、口角アップをキープするてへぺろ顔ヨガ

1.口の両端を思いっきり上にあげ、上の歯が見えるぐらいにっこり口にします。

2.そのまま首を動かさないよう、斜め上に向かって目を大きく見開いて斜め上をガン見するほどぐっと見上げます。

3.舌をとがらせてべーっと前にのばし、そのまま右上に動かして右てへぺろをして4秒キープ。

4.目線はそのまま、舌を上向きのまま2秒かけて左上に動かし、左てへぺろを4秒キープ。

右てへぺろから左てへぺろまでをしっかり10秒かけて動かします。

1~4を3往復、にっこり口と斜め上ガン見をきちんとキープしながら行います。

小顔になるためのあいうえお顔ヨガ

1.口を思いっきり大きく開け「あー」と4秒間声を出します。

2.唇の端の口角を左右対称になるように上に上げながら「いー」と4秒間声を出します。

3.唇を一番小さくすぼめて「うー」と4秒間声を出します。

4.唇の端の口角を出来る限り上に上げ、下あごが出ないように「えー」と4秒間声を出します。

5.鼻の下をのばすようにして、口を小さくすぼめあごを引き「おー」と4秒間声を出します。

1~5を途切れないように続けて、5回繰り返します。

あいうえおヨガは顔全体を動かせるので、時間がないときはこれだけしっかり行うようにすれば効果があります。

まとめに♥

できるだけこれら5つの顔ヨガをお風呂上りなど顔の筋肉が暖まってほぐれている時などに毎日続けて行うことで、顔が引き締まり小顔効果や若返り効果が得られます。

慣れてくればテレビを見ながら、お料理をしながら、おそうじをしながらと「ながら顔ヨガ」をすることもできますが、まずは自分の顔がきちんと左右対称に動かせているか、きちんと上に上げることができているかなどをしっかり鏡を見て確認しながら行ってください。

左右対象にしっかり動かせるように意識する事で、バランスの取れた顔になります。

毎日続けてシワ・たるみのない小顔美人を目指しましょう♥

 

▼ 関連記事 ▼

これからの季節に♥

CATEGORY

×