BEAUTY

マスカラの正しい塗り方をチェック!魅力的な目元を作る方法を伝授

20.05.17
  • はてなブックマーク
  • LINE

顔の印象を大きく変える目元。

目をぱっちりと大きく見せたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

そんな大事なアイメイクを支えてくれるのがマスカラです。

 

今回は、いまさら聞けない!

マスカラの塗り方の基本を学んでいきましょう。

 

 

 

マスカラを塗るときに用意するもの

 

マスカラを上手に塗るには、マスカラだけではなく、スクリューブラシビューラーティッシュコームが必要です。

 

マスカラはどのような種類を選ぶかも大切です。

一般的にマスカラはボリュームを出すタイプと長さを出すタイプに分かれます。

「長さを出すタイプでもたくさん塗ればボリュームがでるでしょ!」と思う人もいるかもしれませんが、重ねすぎはダマなどの原因になるので、自分の用途にあったマスカラを選ぶのがポイントです。

 

また、ビューラー自分の目のカーブにあったものを選びましょう。

そんなこと言われてもよくわからないという人は、一重・奥二重の人はカーブが浅いものを、二重の人はカーブが丸みが大きいものを選ぶといいでしょう。

 

 

 

マスカラを塗るだけじゃダメ?下準備をしよう

 

マスカラを塗る前にまずはスクリューブラシでまつ毛を整えます

その後ビューラーを使いましょう。

 

 

まつ毛の根元にしっかりとビューラーをあてます

あごを少し下げると挟みやすくなります。

一重や奥二重の人は、よくまぶたを挟んでしまうことがありますが、反対側の手で少しまぶたを持ち上げるとうまく挟めますよ。

 

ビューラーは一気にあげるのではなく、3段階に分けてカールさせましょう。

根元中央先端と少しずつずらしながら挟んでいきます。

力は入れすぎるとまつ毛が抜けたり、痛みが出たりする原因になるので、優しく根元から先端にかけて徐々に抜いていくのがポイント。

 

 

まつ毛が細い・少ない、カールしにくいという人はマスカラ用の下地を使うのもおすすめです。

 

 

下準備ができたらマスカラの出番

 

準備ができたら早速マスカラを塗っていきましょう。

まずはマスカラのブラシについている余分な液をティッシュでふき取りましょう。

塗りすぎやダマになるのを防いでくれます

 

マスカラは根元からしっかりと塗るのが大切です。

上まつ毛は、ブラシを真ん中に当てたら、根元から先端まで軽く左右に揺らしながら塗っていきます。

 

 

あとは目頭と目じりも忘れずに塗っていきます。

最後にブラシを縦に持ちまつ毛の根元にも一本一本丁寧に塗ると、目元がぱっちりしますよ。

 

下まつ毛は縦にブラシを持ち、一本一本丁寧に長さを出すように塗ります。

目を縦に大きく見せたいとき中央の黒目の部分の下に重ね付け、逆に横に大きく目を見せたいとき目じりに重ね付けするといいですよ!

 

 

マスカラは後処理も大切①:マスカラがダマになったらどうする?

 

マスカラがダマになってしまったら、コームでとかしましょう。

マスカラが乾く前に素早くとかすのがポイントです。

 

ダマができる原因はマスカラの塗る量が多いことです。

他にもマスカラが古くなっているという可能性もあるので、塗りすぎなくても毎回ダマになるという人は、新しいマスカラにした方がいいでしょう。

 

 

マスカラは後処理も大切②:パンダ目に…そんなときはトップコート!

 

マスカラがまぶたや肌についてしまったときは、綿棒に化粧水や乳液をなじませふき取りましょう。

すぐにまぶたにマスカラがついてしまうという人は、汗に強いウォータープルーフタイプのマスカラや、マスカラ用のトップコートを使うのもおすすめです。

 

逆にまぶたにはつかないけれど、まつ毛が下がってきてしまいカールがなくなってしまうという人は、仕上げにホットビューラーを使うのもおすすめ

 

 

マスカラはブラック?ブラウン?色に悩む

 

メイク初心者さんはとくに、マスカラは定番だからとりあえずブラック!という場合が多く、色はあまり気にしていなかったという人もいるのではないでしょうか。

マスカラはボリュームや長さを出すことも重要ですが、瞳の色に合わせて選ぶという方法もあります。

瞳の色に合わせて選ぶことで柔らかい印象になるんです。

 

他にも柔らかい目元にしたいというときは、ブラックよりもブラウンがおすすめです。

ブラウンだとぼやけるけど、ブラックだとはっきりしすぎ…なんてときはネイビーもおすすめ

クールな印象の目元が作れます!

 

 

まとめ

 

マスカラを塗るには、実はさまざまなコツがあったんですね。

まずは自分がボリュームと長さどちらを重視するか考えてマスカラを選びましょう。

そして塗りすぎやビューラーの力の入れすぎには注意しましょう。

 

慣れてきたら、マスカラの色やブラシの塗りやすさなどにもこだわってみるといいでしょう。

「理想の目元になれない!」という人は自分に合ったマスカラを探してみてくださいね!

 

また、マスカラばかりに頼るのではなく、普段からまつ毛のケアも忘れずに

強いまつ毛を育てることで、カールしやすくなったり、マスカラのノリがよくなったりうれしい効果がありますよ。