sidedish magazine

全国の水族館好きへ捧げる、「今年行きたい水族館TOP5」!

夏本番、レジャーに観光に、すでにスケジュールがいっぱい!という人も少なくないのではないでしょうか?

 

今回はそんなスケジュールの中に絶対いれたくなる「水族館」を紹介していきます。

 

夏といえば海?プール?

 

いいえ、夏こそやっぱり水族館!

 

ショーやパフォーマンス重視の水族館から、展示方法にこだわった水族館まで幅広くお伝えしていきます♪

 

海の王者シャチの圧倒的パフォーマンスは雨具必須!「鴨川シーワールド」(千葉県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

incogitoさん(@incogito4605)がシェアした投稿

 

やっぱり水族館に行ったからには圧巻のショーパフォーマンスを楽しみたい!

 

そんなあなたには、千葉県の「鴨川シーワールド」がおすすめ♪

 

ショーの目玉はなんといっても海の王者シャチ。

 

トレーナーと息の合ったダイナミックなパフォーマンスは迫力満点!!

 

列の後ろに座っていても飛んでくる水しぶき、観客に容赦なく水をかけてくるシャチのおちゃめさを堪能できますよ♡

 

ベルーガ(シロイルカ)のパフォーマンスやイルカショーもあり、幅広く楽しめる水族館になっています☆

 

音と光のアート、水と生き物のコラボレーションはロマンチック満点☆「マクセル アクアパーク品川」(東京都)

 

この投稿をInstagramで見る

 

マクセル アクアパーク品川さん(@aquapark_official)がシェアした投稿

 

夏の間の期間限定で開催される「NAKED 花火アクアリウム」をはじめ、音と光、海の生き物のコラボレーションを楽しめるショーや展示が人気のアクアパーク品川。

 

今年は新エリアのオープンもあり、盛り上がりが期待されています。

 

現代の映像技術×水族館のコラボレーションは友達といっても、恋人といっても楽しめること間違いなし♡

 

最終入場が21時、閉館が22時と仕事帰りに立ち寄ることが出来るのも嬉しいポイントですね!

 

水族館を越えた水族館、驚きのエンターテイメントに興奮間違いなし!「城崎マリンワールド」(兵庫県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

城崎マリンワールドさん(@kinosakimarineworld)がシェアした投稿

 

「水族館の枠にはまらない水族館であること」をコンセプトにかかげる城崎マリンワールドは、正に日々進化し続ける水族館。

 

魚をその場で釣って天ぷらにしていただける「アジ釣り体験」や、

毎年プログラムの変わるイルカショー、円形のステージで魚の生態を様々な角度から楽しめる「フィッシュダンス」など、

 

もはやアトラクションといってもいい楽しみがぎゅっと詰まった水族館です♪

 

スタッフも気さくに話しかけてくれるので、水族館の裏側なども聞けるかも…!?

 

世界でも最大級の水槽は早朝の最も美しい時間帯に眺めるのが◎「美ら海水族館」(沖縄県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

HaChiさん(@8stinger)がシェアした投稿

 

7メートルのジンベエザメが三頭も、ゆうゆうと大きな水槽を泳ぐ様は、本当に海の中に入り込んでしまったかのよう。

 

世界の水族館の中でも注目を集める「美ら海水族館」は、7,500トンもの水量を誇る「黒潮の海」のメイン水槽の他にも、

「サンゴの海」や「危険ザメの海」など、沖縄ならではの展示を楽しめるのもポイント!

 

大変人気なスポットですが、開館直後は比較的空いていることもあり、水も一番綺麗な状態を楽しめるので早起きして行ってみると◎。

 

都会の中でも自然の生き物と触れ合える水族館で、大切な夏の思い出づくりを…♪

 

いかがでしょうか?

 

今年の夏、どこにいくか迷っていたら海やプールもいいですが、水族館で生き物にふれあいながら、特別な体験をしてみるのもおすすめです!

 

家族・友達・カップルで、壮大な水の世界で素敵な思い出を作りましょう♪

 

是非、今回ご紹介させていただいた水族館に足を運んでみてくださいね!

CATEGORY

×