LIFE

近くにいる「苦手な人」との付き合い方を習得!心が壊れる前にこれをしよう

公開日:21.08.30

  • はてなブックマーク
  • LINE

自分と波長が合う人ばかりなら苦労しないのに、ひとどこに行っても自分とはソリが合わない人っていますよね。

関わらないでいいなら幸せですが、どうしても関わりを持たないといけないことも…。

無理して苦手な人と関わっていると、自分の心が壊れてしまいそうになってしまい、最悪の場合休職や退職に追い込まれてしまうこともあるのです。

 

苦手な人がいる人もこれで安心。

苦手な人と関わるときに気持ちが軽くなる付き合い方を伝授します。

 

 

 

自分の思い通りに動かそうとしない

 

そもそもどうして苦手な人と感じるようになるのかというと、自分のイメージ通りに動いてもらえなかったり、求める態度で接してもらえなかったからなどがあります。

「こう動いてほしいのにどうしてできないの?」「もっと優しい言葉で伝えてほしいのに、きつく感じる…」といったように、自分がしてほしいことからかけかけ離れていると、苦手と感じる度合いも高くなるのです。

 

自分と波長が合う・合わないは、「自分の思い通りにしてくれているか」が決めている状態なので、自分の思い通りに動いてくれないから…と意識しないのがポイント。

この人どうしても苦手だな…と思ったら、まずはどうして苦手なのかを考えてみると、自分の思い通りに接してくれないことが頭に浮かぶことでしょう。

 

 

無理に機嫌を取ろうとしない

 

人の顔色に敏感に反応してしまう繊細さんは、ちょっと怒っているような人を見かけると、どうにか元通りにしようと機嫌を取ろうとしてしまいませんか?

人の変化に気が付けることはとても素敵なことですが、時にその素敵な部分が自分を苦しめてしまうことになってしまうんですよね。

人の機嫌を取ろうとして頑張っても、その人の機嫌がもとに戻らないと、「私が何かしたのかな?」と余計に不安になってしまいます。

 

気分屋な人は、誰が機嫌を取ってもむすっとしていたりするものです。

人の変化に気が付くことができるのは長所ですが、まずは自分を大切にするために、人の機嫌を取らないようにすることを意識してみるとよいでしょう。

 

 

どうにか会話しようとせず自分の世界を守る

 

人の顔色に気が付く繊細さんに多く、他にも頑張り屋さんが陥ってしまいがちなのが、苦手な人と無理に会話しようとすること。

会話をして明るいトーンでかえってくればいいですが、無視されたり反応が微妙だと、余計に苦手な人を意識してしまった経験はありませんか?

苦手な人を克服しようとして無理に話しかけて自分が壊れるなら、必要以外の会話をしないスタンスも取り入れてみるとよいでしょう。

 

意外なことに苦手な人と無理に話さないだけで、気持ちがグッと軽くなることを感じることもできますし、必要以上の会話をしないだけで、自分の弱みを見せないメリットもあります。

頑張って疲れて、最悪の場合は余計に苦手な人の存在が気になってしまうのであれば、無理に話さないことも心得ておくとよいでしょう。

 

 

苦手と思う理由を書き出してみる

 

今頭に苦手な人を思い浮かべて、どうしてその人のことを苦手と感じるのかすぐ言葉にすることはできますか?

苦手な人と思う理由が思いつかない場合は、苦手と思う理由を書き出してみるのがおすすめ。

頭で考えていると思っていることが混乱してよくわからない状態に陥りやすいですが、書き出してみると、素直な心の声を表に出すこともできます。

 

そしてどうして苦手なのかが明確になることで、これからどう対処していいのかを見つめることも可能に!

対処法が分かると自分を犠牲にしたりすることもなくなって、心のバランスを崩すリスクを減らすことにも繋がるでしょう。

書き出すときは箇条書きにして、思いつくままに素直に書いていくと、より心の声を出していくことができます。

 

 

苦手な人がいないところへ身を置く

 

何をしても苦手な人と私歩いていけないと思ったら、苦手な人ないないところへ身を置くことも視野に入れる必要が出てくるでしょう。

もしこのまま苦手な人と同じ空間に身を置いていて、心のバランスを崩して日常生活を送れなくなったら、新しいところで頑張ることもできません。

そして心のバランスを崩してしまうと、元に戻るまでには相当な時間を必要とします

 

転職したり、思い切って違うところに飛び込んでみると、新しい自分を見つけることができたり、苦手な人からの呪縛がとかれていくことでしょう。

自分なりに頑張ったけれどどうしても無理はときは、苦手な人がいないところに身を置くことも大切です。

 

 

まとめ

 

波長が合わない、どうしてもこの人苦手…と思うのは、誰にでもあること。

「私だけなのかな…」と思い詰めないでくださいね。

苦手な人に対しての接し方を変えると、自分が楽になることもよくあります。

 

今まで自分でどうにかしようと頑張っていた人は、無理せず、苦手な人との距離感を変えてみるのもいいかもしれません。

ここでお伝えしたことで、心が軽くなりますように…。

 

 

 

▼ 関連記事 ▼