LIFE

【本当の意味】女は三歩下がって歩け【知ってる?】

公開日:17.03.18

更新日:20.10.05

  • はてなブックマーク
  • LINE

「女は三歩下がって歩け」

この日本の女性の在り方を表すと言われている言葉。
世の中の人のほとんどが、

「女が男を立てる」
「女が男を支える」
「女は控え目であるべき」

こういった意味でこの言葉を捉えていることかと思います。
そしてそのままの意味で受け取り、女性に対して高圧的な態度で接している男性の方もいらっしゃるかもしれません…。

そして外国の方からしてみれば、この風習を耳にすると、

「日本の男はレディファーストができない」
「男女平等の考えがない」

なんてイメージを抱かれてしまうそうですよね。

けれど!
実はそんな認識は勘違いなんです!
今回は「女は三歩下がって歩け」の本当の意味をご紹介します。

 

本当の意味は?

かつて、日本と言えばサムライの国。
つまり、いついかなる時、敵襲に遭うか分からない時代が確かにありました。

さてさてこの言葉、一見すると男性が女性を後ろに歩かせているかの様に思われていますが実は…

「何かあった時にはお前だけでも逃げろ」

という女性を守ると心に決めた男性の決意の表われだったのです!

つまり、女性が男性を三歩先に歩かせているというのが正しい解釈。
日本の女性の特徴を表している言葉ではなく、当時の男性の男気が溢れる意味が込められた言葉なのでした。

男が威張るための言葉では決してありません。
自分の身の回りや、自分自身に心当たりがある方。
今すぐそれとなく教えてあげるか、自分の考えを改めましょう。

そして男性も女性も、自分を磨くことを怠らずにもっと「らしさ」「らしさ」を大切に。
それはあくまで男女差別ではなく、男女区別なのだから!
「男性が弱くなって、女性が強くなっている」この状況にストップを!

 

編集後記〜おまけ〜

実のところこの言葉の意味を知ったのは、ミュージシャンの「GACKT」さんの発言からでした。
実際に彼は身体を鍛えるのを怠らないし、様々な格闘技にも長けています。
自分はファンであるが故に、大学時代に強くこの言葉に感銘を受けて格闘技を始めた…なんて単純で小恥ずかしい過去があったりします(笑)

「女は三歩下がって歩け」

この言葉を胸に、自分磨きに励みたいと思います!